Special Host History ホストのDNA

業界に名を残すであろう偉大なホストたちのルーツを紐解いていく新企画が始動。今でこそ絶対的地位を得ているが、そこに至るまでは決して楽な道はなかったハズ。そんなTOPホストたちの本音から見えてくるものとは一体?

人生は一度きり
フルスイングで行こう

Yuma Masaki
顧問 真崎 雄馬
36歳・11月19日・AB型・170センチ
LINE ID yumasaki

8歳のときに歌舞伎町でホストキャリアをスタートさせる。21歳、当時feizグループの代表だった流星氏と出会う。そして30歳になり六本木ホストクラブ界に殴りこみ!数々の伝説を持つレジェンドホストである

SHOP DATA
アゲ♂Infection
東京都港区六本木7-14-1 東李閣ビル4F
tel.03-6804-2695

ホスト業界って楽しい!と
思わせてくれた2人に感謝です

スタイリストのアシスタントをしていたのですが、過労でぶっ倒れたことによってヒモをやっていました。僕にヒモの自覚はなかったんですけどね(笑)。そんな時知人からホストの誘いを受けて、試しに業界大手であるTOP DANDYに入店しました。そこで、僕のことをすごく可愛がってくれた2人の先輩と出会い、おかげで今の僕がいるんです。当時は荒っぽい業界でしたが、2人は全く違って、ホストってこんなに楽しくて稼げるんだって思わせてくれました。何かやってやろう!というのが楽しませることに繋がり、振り切ってチャレンジすることが大事なんだと学ばせていただきました。そして21歳のときに、流星さんと出会い、feizグループに入ったんです。当時は、「独立=良くないもの」として扱われていて周囲の人たちには「ホントについていくの?」なんて言われて。正直流星さんとは性格は合いませんでしたが(笑)、ホストとして考えるゴールが一緒だったんです。ゴールが一緒であれば、合わない同士でも突っ走っていけるもんです

ホストにお店選びは関係ない
結局は自分とお客様だから

「なんで六本木に行ったの?」って聞かれるけど、当時働いていたグループが六本木に出店したから行っただけ。よく、お店選びや場所が大事なんて言うけど僕はそうは思わない。だって、どこにいたって結局は自分対お客様になるわけだから。そこの関係がキッチリ作れなければどこに行ったって一緒じゃないのかな。ただ、六本木は歌舞伎町とは異なる業種やタイプの人間と出会える街だなって実感してますね

ターニングポイントになった
女の子からの一言

お客様と名古屋城へ行ったときに手相を見てもらったんです。これが中々当たらない占い師で職業は秘書でしょ?なんて言われて。ホストだよって言っても「人気線がないから絶対ホストじゃない」って(笑)。凹んでたら「気にすることないよ。人生一度きりなんだから、フルスイングで行っちゃえ!」と女の子に言われたことがキッカケで、やりきってやろうって思ったんです。そこからとにかく振り切ってホストをやりました!(今もやってますけどね)だから、お店のキャストたちにも「ナシはナシ」って言ってます。この言葉の意味は、出来ないとか言う前にまずはやれってこと。やる前から、ヤダとか無理とか最近の子がよく言うじゃないですか?それってナンセンスですよね

辞めたいって言われたら負け
引き止めは…しないかな

僕は仕事を辞めたいって思ったことがないから、下の子に辞めたいって言われても困ります(笑)。ただ、辞めたいって言われたら「わかった」って返してます。変に止めていたら、相手は飛ぶしかなくなるから。辞めたいって思わせた時点で自分の負けで、ただ辞めたことを後悔させるお店を作るだけです

女の子とちゃんと向き合って
世界で1番の男であること

ホストって出来上がっていない仕事であるが故に、ホストじゃない子が増えていると思います。ホストをひとつの仕事として捉えてなくて、ただただキラキラしていたいだけの子が多いですよね。もちろんキラキラしていることも大事なんだけど、ちゃんと女の子と向き合って、その子にとって世界で1番の男であるこがホストの仕事だと僕は考えてます。僕は今経営側に立っているけど、ホストとして指名がゼロになるまで、1人でも背中を押してくれるならホストでい続けるつもりです。

これぞ雄馬さんな1枚!現役時代にはこのポーズの写真が至る所に。10年ぶりに再現してもらった

僕はホストじゃなく「内勤」
独立のキッカケはこの2人

実は、この業界まだ3年目なんです。プレイヤーを1日もやったことがありません(笑)。元々いたグループでは内勤をしていました。未経験の内勤でありながら入店半年で代表になって、年間売上1億を達成したんです。その後、2店舗の代表を務め、今年の2月にグループを退社し完全独立をしました。独立って揉めるイメージがありますが、そんなことは一切なく快く送り出してくれましたね。そもそもなぜ独立したのかというと、大翔と逢姫の存在があったからです。2人とはホストを始める前からプライベートでも親交があって、3人で会えば「何かやりたいよね」って話が必ず出ていました。いざ、何をやろう?となったときに、結果を出してきた3人だし経験もあるからホストクラブをやることに落ち着いたんです

常に新しいことをしたい
出来るまでやり続ける
今まで色々な仕事をしてきて、ずっと心にあるのは「出来るまでやろう」っていうこと。そして、新しいことにどんどん取り組むチャレンジシャーでいたい。どん欲さをもっていないと成長できない世界ですから。ゴールを定めるのは好きじゃなくて、いけるところまでいきたい!って常に考えてます。ただ、まずは今のキャストが全員100万を達成して拡大移転させるのが当面の目標で達成するまでやりきります!

どん欲なくして
成長はない

自分自身が満足したときがホストの寿命なのかな?出来ないで辞めるのは寿命じゃない。どん欲でいないと成長しないと僕は考えているので、やりきったと思ったときにはもう「成長はない=寿命」なのかな

教育に答えはない
1人1人に合わせたアドバイスを

教育って答えがないと思うんです。だって、1人1人考えや得意なものもが違うから、一つの教育方法が全員に当てはまるワケがない。僕のやり方を押し付けてもダメだから、1人1人話を聞いてその人によって教育の仕方を変えています。あとは経営側として環境を整えてあげること。業界の流れも良いし環境がキチンと整っていれば、ある程度のところまでは絶対に売れます。

ホストを始める前からの付き合い。全く別のお店で働いていた3人が集結!

ゴールは決めたくない
出来るまでやる

Hiroto
副社長 大翔
28歳・9月2日・A型・180センチ

Shiyu
社長 紫遊
30歳・2月26日・185センチ
LINE ID shiyu-0226

Aki
代表 逢姫
26歳・3月17日・165センチ

SHOP DATA
articulation-FORTISSIMO-
東京都新宿区歌舞伎町2-21-2 ソフィアビル2 4F
tel.03-6875-1175

人生楽しい方が絶対に良い
だから 楽しさ を追求していきたい

前職は今でも理解できない
不思議な仕事内容

言っても理解してもらえないんですけど、前職は地下にこもっている仕事でした。モニターを見て数字が赤くなったら伝える仕事(笑)。そんなときに拓真社長にスカウトされたんです。興味もなくやるつもりも全然なかったんですけど、毎日電話が来るからやってみようかなって。一緒に住んで仕事を教えてもらって、ホストの仕事が楽しいと思わせてくれたお兄ちゃんであり尊敬する人です。今の俺がいるのは拓真社長のおかげですね

ツライ毎日だったけど
辞めたいと思ったことがない

未経験でシンスグループに入って、初めからうまくいったワケではないです。成績が伸びなくて、毎日悩んでツラい思いをしました。初の億を達成したのは拓真社長がいたから。この仕事はちょっと売り上げあげて調子に乗ったらおしまいなんですよ(笑)。人の話を聞かなくなって、成長しなくなるから!20歳のときの自分がまさしくそうで、伸び悩んでしまっていました。拓真社長の誰に対しても腰が低いところや人の話を聞く姿勢っていうのが、当時の自分を変えてくれたんです

楽しくなくなったら
ホストは終わり

どうしたら売れますか?って聞かれると毎回「楽しくいること」って教えてます。まず、自分が楽しくなかったら女の子も楽しくないと思っちゃうから。それに、目的を決めて頑張るにしても楽しくないと続かないでしょ?だからモチベーションをあげるために、俺は毎日妄想してます(笑)。自分の理想の姿を想像して、テンションをあげるんです。「どう楽しく仕事をしていくか?」を考えて仕事に取り組んでいますね。あとは目標を立てて、ブレずにそこへ向かうこと。そして絶対に感謝の気持ちを忘れてはいけません

どこにだって通用する
ホストスキルは唯一無二

先ほども言ったように、感謝を忘れて調子に乗っていると売れません(笑)。感謝の気持ちを忘れず、人の話をちゃんと聞くことはホストとしても人としても成長します。これがレジスタンスの教育です!あとはやっぱり「楽しくやること」かな。ホストって限界がない職業で、40歳を過ぎても歌舞伎町ドリームを掴んでいる人もいます。特に今は絶頂期が20代後半からだと思うから、なんでみんなホストをやらないんだろう?って素直に思いますね。資格って勉強したら取れるけど、ホストの対人スキルって本を読んで得られるものではないじゃないですか。このスキルってホスト以外でも活かせるし、ホストで売れるやつは何やっても成功できるから。俺自身今では、ホストじゃない自分っていうのが想像できないです(笑)。5年連続で億を達成してキリが良かったからプレイヤーは引退したけど、この業界から卒業することは考えてません。拡大移転もするし、まだ自分のお店から億プレイヤーを出してないしね。日本一のお店を目指して、邁進するだけです

悩んでも仕方ない
楽しけりゃオッケー

昔は売り上げの壁とかツラくて、寝る前にめっちゃ悩んでました。悩んでも結果は変わらないのにね(笑)。最後はやるしかない!って自分を奮い立たせていましたね。実は今ツライって思うことがありません。従業員と遊んだりしてテンションをあげているからかな?人生って絶対に楽しいほうが良いから、楽しんで行かなきゃ損でしょ!

5年連続1億突破、年間1億6000万、3年連続グループ売り上げ&指名No.1を達成はすでに伝説として有名

Renji
代表取締役社長
28歳・1月12日・O型・178センチ

SHOP DATA
RESISTANCE
東京都新宿区歌舞伎町 2-30-14 三経82ビル 7F
tel.03-5272-1218