【グラビア】早乙女サラン、始動。

圧倒的カリスマ性で、ホストが憧れるホストとして今注目されている「早乙女サラン」に緊急インタビュー。新店への想いや代表としての意気込みを語ってもらいました。

代表取締役 早乙女 サラン 22歳・7月15日・O型・177センチ・韓国出身

.新人代表、イチからチャレンジできる喜びを実感

SHOP DATA
KG-PRODUCE
Mr.
東京都新宿区歌舞伎町2-11-10 ルネッサンスビル3F
tel.03-3204-3545

まさかの代表指名
入り混じる戸惑いと期待感

去年の夏、僕はホストを半年間休養するつもりでいました。そんなとき会長から軽いノリで「代表やるか」って言われたんです。やるつもりもなく、めんどくさいというのが正直な気持ちでした(笑)。そもそも、一匹狼みたいな感じでやってたから「向いてないけど大丈夫?」って。けど、いざやってみると「成長させてあげないといけない子たちがいる」って気持ちになって。父性なのかな?年をとったな~と思いましたね(笑)。息子じゃないけど、守って育てていきたい大切な存在が一気にできましたね。

代表の仕事とは
売れ続けることだと思う

代表になってもナンバーは上がりません!というのも、代表の仕事ってなんだろう?と考えた時に「誰よりも売れ続けているところを見せること」と自分なりに答えが出たから。みんながこうなりたいって思ってくれるような存在でありたいです。早く自分を追い越してくれる子が出て欲しいですね。で、いつかはナンバーを上がります(笑)。

他人から見て楽しそうと
思われる人間になって欲しい

ホストはお客さんが見せる笑顔より10倍笑顔でいることが重要だと考えてます。楽しい気持ちって伝染していくから、まずは自分が楽しんでいないとダメだと思うんです。次に「見た目」です。売れないホストの8割はファッションが残念なんですよね。だから、うちでは柄シャツ+黒パンツで統一をしています。新人の子でもお金をかけずに出来るオシャレだと思うので。つい昨日もキャスト用に柄シャツを買ってきたんですよ。そして最後に「挨拶」です。これだけはどこの店にも負けるな!って言ってます。Mr.は僕が代表ですが、僕の店ではなくみんなのお店として歌舞伎町で1番のお店にしたいし、するつもりです。

7月15日は僕が代表になって初めてのBDイベントです。新人代表として緊張はありますが「BDはこうやるものだぞ」ってことをキャストたちに見て欲しいです。めちゃくちゃ怖いイメージを世間一般には持たれていますが実は違います(笑)。7月にテレ朝で放映される「ソノサキ」をどうぞご覧ください!