トップホストの10分間 -初回のつき方-

お客様を掴むために重要な「初回」。売れてるホストたちはいかにして初回を接客しているのか気になりませんか?彼らが初回で実践しているテクや、自分をどう売り込んでいるのかをインタビュー。売れてるホストは何が違うのか?興味深い話がたくさん聞けたので、皆様も参考にどうぞ!


ホストの仕事は「お金を払って会いたい人でいる」こと

無遅刻・無欠勤は絶対
社長も会長も写真指名は接客

僕が主にキャストに伝えていることは「容姿で相手を選ばない事」「無理に好かれようとしない事」「無遅刻・無欠席」「与えられた初回は全てつく」の4つ。個人的にはもう1つ、あっちこっちでお金使ってるアピールする子は自分の指名にしない事です。売上はもちろん大事だけど、フラフラしている女の子と信頼関係を作るって難しいし、そっちで無駄な労力を使う必要はないと思っています。ホストの仕事って「お金を払って会いたい人でいる事」だと僕は思っています。すぐ彼氏みたいな関係になってしまうホストさんへ思う事は「普通の神経していたら、彼氏にお金を払いますか?」です。普通に生活をしていても出会えないような人でいる事・彼氏以上の演出や時間を提供してくれる人が、僕がホストとして大切にしている事です。あと、「あの初回につきたくない」って言うのは良くない!

自分のフィールドに
入れてしまえばOK

プレイヤー期間は3年くらいだったかな、初回で意識していたのは相手を自分のフィールドに入れ温度を合わす事です。特にテーブルマナーには気を使いました。例えば、フレンチを箸で食べたいと思っていても、ナイフとフォークが出ていればそれで食べるような感じっていうのかな。あとはやっぱり身だしなみ!ホストクラブってステータスの高い遊びで、女性が好みの男に好かれる努力をする場所というか…。手ごろなホストを持ち帰っても意味ないから、まずは自分が価値のある男でいる事が大事です。僕はそのためにキャラの作り込みをして、歌舞伎にしかいない見た目に寄せる事も、接客の一部だと思っています。

Yggdrasill-Athena-/Yggsrasill-Norn-/Yggdrasill-Zeus-/Yggdrsill-Artemis-/Yggdrasill-Urz-Group
社 美緒(Mio Yashiro)
会長
30歳・5月2日・B型・175センチ



質問はダイレクトに聞くのではなく、冗談っぽく聞くくらいでちょうど良い

ベースは教科書通りに
そこに自分らしさを

初回の女の子って、何度も同じことを聞かれていてウンザリしていると思うんです。だから、僕は言い回しを変えて質問しています。例えば、彼氏いるの?ではなく、彼氏何人いるの?って冗談っぽく聞きますね。そうすると「冗談とか言ってもいい人なのかな?」って女の子側の壁がなくなるんです。担当いるの?と直接的な言い方ではなく、担当と仲良いの?というように、言い回しを工夫することで女の子も楽しい気持ちになり、グッと距離が縮まりますよ。

一番の近道は
弱点を克服すること

この人と喋っててラクで楽しいなと思ってくれたらこっちのものです!10分でそれが出来れば送り指名につながる可能性が高いかな。今まで指名をもらった子と比較しながら、接客をしていくとポイントがある程度掴めてくると思います。こんな僕ですが売れない時期はもちろんありました。そのときは、話し方の本を読んだり、面白いトークをメモしたり。あとは、電話をするときに要点などをメモしてから電話を掛けていましたね。思い出すとすごく懐かしいな…(笑)。ちなみに僕は、メールやLINEより電話派!電話って付き合いのない人にかけられないし、なんだか距離が近く感じるでしょ?LINEを晒されるとか聞くけど、それは変な営業をしちゃっているからでは?最後に、初回を掴むため・売上を上げるための一番の近道は「ウィークポイントを直すこと」だと考えています。服装がダサいなら見た目を変えればいいし、ボソボソ喋るタイプなら声を大きくするとか。自分の弱点がわからないなら、周りに聞けばいいだけ。そうしていけば自然に売れていくんじゃないかと思いますよ。

MILLION-gd-
真堂 螢(Kei Shindou)
プロデューサー
30歳・9月4日・AB型・175センチ


自信は過信でも良い。結果が出れば、本当の自信になるから

オドオドした態度はNG
自信を持って接客する

「どれだけ自分に興味を持ってもらえるか?」それが初回で大事なこと。例えば、TVを購入するときに商品説明のできない店員から商品は買わないと思うんです。ホストも一緒で、自分の弱みや強みをしっかりと理解しつつ自分を売り込む必要があります。その中で意識しているのが「自信を持つ」ことです。ビビってオドオドしているとそれが女の子に伝わって、居心地が悪くなってしまいますから。自信を持っているとキラキラして見えて、魅力的な人と思ってもらえるんですよね。ただ、まずは女の子を楽しませることが一番です!僕は地声が低いので、声のトーンをあげて楽しい雰囲気になるようにしています。新人の時はとにかく元気に接客してたのですが、そのテンションはずっと続かないとわかってからは、自分のペースでいくことを心がけています(笑)。

清潔感と歯並び
そして規則正しい生活

当たり前だけど、清潔感のある外見って大事だから服装や歯並びは重要です。顔はブスだけど、スタイル維持のために週一でパーソナルトレーナーをつけてキックボクシングをやっています(笑)。あと、規則正しい生活!規則正しく過ごしていると、空いた時間が生まれるからそこを仕事の時間に当てています。僕の場合は、バラエティーを見て勉強をしています。気になったものはケータイにメモしたりしていますね。僕自身のウリは飾ってないところ、そしてヒットするところにヒットするところだと思っているので、どんな子であっても100%本気でホストをやっていることを伝えて接客をしています。その成果かもしれませんが、最近では初回指名で男性の方が来てくれました(笑)。SNSでも自分らしさを出しているからかな?そういうのって意外と大事ですよね。

Force
100%けーすけ。(Ke-suke)
24歳・8月8日・O型・173センチを出しているからかな?そういうのって意外と大事ですよね。


同調・共感・肯定が接客の3つのコツ

誤解されがちなので
常に笑顔を忘れずに

初めて会う方と話す時間が10分間で、その限られた少ない時間で気に入ってもらって、また会いに来てもらえるようにするって、よくよく考えるとすごいことですよね(笑)。「初めまして」の挨拶から、自分を知ってもらって、お客さんがどんな人なのか知らなくてはいけないんですから。他愛もない会話に聞こえるかもしれませんが、初回の10分間はお互いのアピールタイムでもあるんです。僕たちも大変ですがお客様も大変ですよね(笑)。僕は「怖そう」とか「話しかけづらい」など初めにあまり良くない印象を持たれがちなので、まずは警戒心を解くことから始めています。笑顔でいることはもちろん、声のトーンにも気をつけるようにしています。

初回のチャンスは
無限大

ホストを始めたばかりの頃は、話すのがやっとでした。いろんなタイプの女の子がいるので結構苦戦していた頃もありましたね。そんな時、女の子についての心理学の本を読むようになって、女の子特有の気持ちの変化や行動、コミュニケーションのとり方の勉強しました。今でも仕事に役立つような本は日頃から読むように心がけてます。現在は代表取締役になり、お店を引っ張っていく立場なので、なるべく初回の席にはつかないようにしています。僕の代わりに従業員たちに初回の席にたくさんついてもらって、良いお客さんに出会えるチャンスをどんどん掴んでいってほしいので。EGOISTでは僕の教える接客のコツが3つあって、それは「同調」「共感」「肯定」をしっかり行うこと。これだけは絶対押さ

EGOIST
椎名 麗人(Reito Shiina)
代表
28歳・2月2日・A型・184センチえておけと伝えています。今後EGOISTの従業員たちが成長していく姿を見るのが楽しみです!