NEO GROUPイチオシ!!PICK UP HOST HAYATO

今年も初っ端から勢い爆発中で突っ走るNEOグループから毎月イチオシのホストを紹介する企画がスタート。新年一発目を飾るのは、数年間NEOを支え続けるHAYATOさんが登場です!

芯となる部分はそのままに
自分なりの戦い方を模索中

今年でホストは11年になるのかな。僕のキャリアスタートは地元の愛知県で、きっかけは女性に振られたからなんです(笑)。当時の僕はガキだったし、全く女性の事をわかってあげられていませんでした。そんな女性たちを相手にしたこのホスト業に興味が湧いたんですよね。それに先輩が18歳にしてレクサスを現金一括で購入しているのを目の当たりにして、本当に夢のある職業だなと(笑)。それまで現場仕事をしていて、18歳の誕生日を迎えるとすぐにその先輩がいるホストクラブに入店しました。正直言って最初は変に自信があって、比較的早く売れるだろうと思っていたんです。別に仕事を雑に行なっていたわけではなく、自分で言うのもなんですが、むしろ優等生だったと思います。しかし真面目にこなしていくだけでは売れる甘い世界ではないんですよね。お客様をいかに楽しませて心の底から満足させられなければ、リピーターにはなってくれませんから。僕の場合は恥ずかしながら結果を出すまでには3年ほどかかってしまいました。けど本当に心の底からこの仕事を楽しんでいたので、その3年間で辞めようと思ったことは1度もなかったですね。さらにそのお店の先輩たちが優しくて、僕を末っ子のように可愛がってくれたのも大きいです。1日に全員からご飯に誘われたことも少なくありませんでした。徐々に売上も上がってきてご飯を食べられるようになり、役職も幹部補佐に上がることができた矢先、突然閉店を告げられました。

しかし、ホストを辞めるという選択肢はなくて「次の店はどこにしよう」とすぐに切り替えられました。経験が即戦力となる約20名のホストには他店から猛烈なアプローチがあって、僕
は以前から繋がりのあったネオグループに行くことに決めました。ずっとお世話になっている永遠さんも一緒にネオグループに行くことになったのもかなり大きいですね。破格の待遇でネオグループに迎えられ、ネームバリューも段違いでしたので、おかげさまで1000万を突破することもできたのです。ただ、これだけ破格の待遇だったので、おそらく前からいたプレーヤーは良い感じはしなかったでしょうね。

新宿 歌舞伎町 ホスト LUCKY HAYATO


HAYATO
1991年7月20日/175cm/O型
LINE■hayato.0720

ネオグループに在籍して4年が経った頃、歌舞伎進出の話が出てきて、以前からずっと歌舞伎で挑戦したいと言っていた永遠さんが行くことになりました。前から世間話程度で「HAYATOも一緒に」なんて話をしていたんですが、その度に断っていました。僕は万人受けする顔ではないし、面倒をみていた後輩もいたので、歌舞伎に行くのはありえないというのがあったんです。しかし正式に永遠さんからオファーを受けてしまったので、少し考える時間が欲しくていつまでに返事しなくてはいけないのか聞いたら明後日までと言われてしまい(笑)、2日ぐらいだったら考えても仕方ないと思って、その場で「わかりました」と答えたんです。

僕自身もこれ以上名古屋で売上を伸ばすことは難しいと心の片隅でずっと思っていただけに、良い機会だったのかもしれません。さらに時代がスイッチしていくなかで、自分もまた変化してもう一歩成長するべきだと覚悟しました。それに永遠さんとこの先もずっと働いていきたいというのもありましたね。永遠さんと僕は真逆の性格で、自分にないものを全て持っているんです。クソ真面目な僕と違って、物事を柔軟に捉えられる永遠さんの考え方は本当に勉強になります。

歌舞伎に来て以来、まだかつての売上を超えることは出来ていません。自分のこれまでのやり方に迷いが出ちゃっているのは間違いありません。ただ、芯となるところは変えたくないので、その他の部分は時代や土地柄に合わせて変化は必要だとは思っています。まだ試行錯誤は必要でしょうが、今年はネオグループにとって大きな躍進の年です。僕も今一度気を引き締めて進んでいきたいと思います。

余談になりますが、ヒカル(P●●)とはかれこれ数年の付き合いになるのですが、実は最初の出会いは最悪なんです。僕がお客さんと歩道を歩いていたら、前からオラついたヒカルがチャリに乗ってきたんです(笑)。僕とお客さんの間をすり抜けてきて、その時女の子の肩にぶつかったので、僕もヒカルも若かったから喧嘩になるわけですよ。「お前どこの店だよ?」「ネオだよ」等のやり取りがあり、絶対に許さないと決めた4年後に出会うことになるんです(笑)。先輩の仲介でヒカルと話し合いの場を設けてもらったんですが、ヒカルの方から「あの時はすいません。いつか謝らないとと思ってた」と真摯な対応で接してくれたんですよね。その一言で長年持っていたわだかまりは全てなくなりました。同時に同じ先輩に可愛がられている同士だから絶対に気が合うだろうと思ってましたしね。で、結果今では1番気が合う特別な存在になりました。ただ、一言だけ。一緒に働くようになってから、ヒカルのせいで散々な目に遭ってきたのは俺だけではない。覚悟しておけよ(笑)

HAYATO Q&A

Q.ホストとして大切にしてる事は?
A.空気
いくら顔が良かろうが、場の空気を読めない奴は売れません

Q.自分の強みは?
A.人と被らない
激戦区の歌舞伎だとなおさら埋もれてしまうので

Q.好きな女性のタイプは?
A.ポジティブ
明るい方は良い運気を引き寄せてくれますから

Q.休日の過ごし方
A.休肝日
ヒカルのせいで肝臓を休めないといけないので

Q.ホストじゃなかったら
A.2丁目
短髪だとよく間違えられますが至ってノーマルです(笑)

LUCKY
HAYATO
Twitter: https://twitter.com/HayatoMr0720

LUCKY

東京都新宿区歌舞伎町2丁目33-1 第6トーアビル3F
tel.03-6233-8694

歌舞伎町ホストクラブ LUCKY ラッキー

歌舞伎町ホストクラブ LUCKY(ラッキー)求人情報