人生は紆余曲折 ホストグラフ Liz 天真らんま

Liz 天真らんま

現在、お店やグループの欠かせないピースとして最前線で戦い、他スタッフからも憧れられる存在である重役たち。しかし、始めからこの輝かしいポジションにいたわけではなく、様々な困難を乗り越えて現在の位置を確立しているのだ。今回は、ホストになる以前、もしくはホストデビューしてからの人生をグラフにして語ってもらったぞ

努力家の変人が作り続ける
ノンフィクションの物語

Liz 天真らんま
Liz 天真らんまExecutive player
Liz 天真らんま
Ranma Tenshin History…

18歳 進学

高校卒業後、映画の専門学校に入学。卒業するまでにいくつか監督を務めた作品を作り、高評価を得ることが出来ました。研修でアメリカに行き、そこで本場の空気を感じるとともに、自分のいまの位置を痛感。また、全く英語が喋れない自分自身にストレスを感じました

21歳 留学

20歳の時、親の援助でアメリカの語学学校に入学。この時点での学校の成績は底辺だったけど、卒業する頃にはみんなの代表としてスピーチを行うまでになれました。しかし、自分が思っていたよりも全然喋れるようになってなくてかなり落ち込んでいました。

22歳 ホストデビュー

さすがに親に頼りきりではと思い、もう一度留学するための資金作りとしてホストの世界に踏み入れました。しかし、ふわっと売れる程度で全く資金は貯まらず

23歳

新規店に移ると右肩上がりで売上が伸びて、雑誌の表紙にもなれたし、26歳まで無双状態(笑)。目標の留学資金も貯まり、満を辞してニュージーランドへ

26歳 NZへ

ニュージーランドのデザイン学校に入学するためには語学力が足りず、ドミニオン・イングリッシュ・スクールに入りました。日本人は僕だけでしたが、そこで周りとのレベルの違いにショックを受けることに。必死に食らいつきつつ、なんとか8ヶ月後にはデザイン学校規定の数値をクリア。また、この時にスクールのPVを作って、ちょっと有名になります(笑)

27歳

念願のデザイン学校に入学。しかし、ここでも言葉の壁が立ち塞がります。現地の人たちのネイティブな英語に付いていけず、初めて帰りたいと思いました。周りが優しくてフォローしてくれましたが、完璧主義の自分としては納得がいかず、毎日残って勉強。作品ではセンスやデザインが評価され、次第にみんなからリスペクトを受けるまでになることができたんです

29歳 帰国

成績が伸びない店舗の立て直しを頼まれ、休学して帰国。そこで初めて代表職に就くも何もかもが上手くいかず、従業員との距離がどんどん広がり、退職者が続出する結果に。コミュニケーションを無視して、自分の方針を貫いたことが原因です。そして胃に穴が開く

30歳 代表職辞任

代表職を降りて、1番下のクラスから再起。下の子たちとコミュニケーションをとり、1年後には総支配人に。個人の売上のみならず店舗全体の売上も飛躍的に上がります。

34歳 NSC入学

Executive playerになり吉本のNSCに入学(笑)。メディアに露出して、Lizの名を全国に広めていきます!

Liz 天真らんま
Liz(リズ)

東京都新宿区歌舞伎町1-12-9タテハナビル4F
03-6233-8586

歌舞伎町ホストクラブ Liz(リズ)求人情報